2018.06.01最終更新日:2019/01/28
Apple Watch|Apple下取りrenewプログラムと買取価格を徹底比較!

株式会社マクサス 代表取締役 関 憲人  
「リユースを本物のサービス業へ」を合言葉に、【どこよりも高く】【どこよりも早く】【誰よりも元気】に営業させていただいております。 買取というサービスを軸に社会を1mmでもより良い方向にすることが我々のミッション。 「マクサスだから売りたい」といっていただけるような業界No. 1リユース会社を目指します。

 

当記事では、

 

Apple Watchの下取りについて、

 

その手順から対象モデル、具体的な下取り価格まで、

 

下取りに関する総合的な情報をお届けしていきます。

 

 

 

Apple Watch series2 下取り事情

【画像出典:http://www.stereopoly.de/apple-watch-series-2-vorgestellt/】

 

Apple Watchが現在年1回のペースで新作を発表している中、発売からすでに1年半以上が経ったApple Watch series2。

 

Apple Watch series2を1年以上前に手に入れたという方は、そろそろ買い替えを考えている方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、そんな方にApple Watch series2の下取り事情を紹介します。

 

まず、Apple Watch series2ですが、

「Apple Watch Edition Series 2」

 

「Apple Watch HERMES Series 2」

 

「Apple Watch Series 2」

 

「Apple Watch Series 2 Nike+」

 

4つに分けることができ、Apple Watch series2は現在Appleのrenewプログラムで下取りの対象となっています。

 

【画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=sUMl3m8LcFg】

 

renewプログラムでのApple Watch series2の気になる下取り価格ですが、最大20,000円となっています。

 

しかし、下取り価格は38mmか42mmかによっても変化し、本体の状態や端末の動作も買取りの基準に。

 

renewプログラムの特徴として、バンドなどの付属品は提出しなくていいことや、Appleのホームページから下取りの依頼ができることが挙げられます。

 

しかしrenewプログラムでは、買取り基準の項目のうち1つでも当てはまらない場合は下取りできず、リサイクルの扱いとなってしまうので注意が必要です。

 

そして、もう一点注意が必要なのは下取りの支払いが現金ではなくApple Storeギフトカードなことですね。

 

買取りに比べて低い傾向にある下取り価格ですが、現金で還元されないので覚えておきましょう。

 

Apple Watch買取なら『買取マクサス』

 

マクサス

 

下取りにこだわらないのであれば、『買取マクサス』のオンラインビデオ査定がおすすめです!

 

『買取マクサス』のビデオ査定なら、ご自宅にいながら店頭買取と同じ査定を行うことが可能!

 

おすすめなのは、一度他の業者に買取額・下取り額を聞いた後、『買取マクサス』のビデオ査定で買取価格を確認する方法。

 

正式な価格で査定させていただきますので、ぜひ一度ご連絡ください!

 

もちろん、店頭買取も行なっております。

 

買取マクサス
取扱品目:家具・家電・古着(洋服)・パソコン・スマホ・タブレット・ブランドなど含む全ジャンル 営業時間:10:00~22:00(土日祝日も同じ) 住所:東京都品川区東五反田1-9-2 ダイヤパレス五反田1F

 

 

 

 

 

 

【Apple Watch】Apple下取りrenewプログラムと買取はどっちがお得?

Apple下取りrenewプログラムとは【Apple Watch】

Apple Watch

【画像出典:https://www.apple.com/】

 

他のAppleの代表的な製品であるiPhoneなどは、

 

買い替えのタイミングで各キャリア、

 

もしくはAppleなどに下取りに出すことができましたが、

 

Apple Watchの場合は販売当初、下取りに出すことができませんでした。

 

しかし、2017年12月にApple公式のApple Watchの下取りプログラムがスタートしました。

 

執筆現在、日本の各通信会社はApple Watchの下取りを行なっていません。

 

そんなApple公式のApple Watchの下取りシステムはどんなものなのでしょうか?

 

加えて、どれくらいの値段でApple Watchが下取りされているのでしょうか?

 

Apple Watchの下取り対象モデル

Apple Watch

 

実は全てのApple Watchが下取りに対象になっているわけではないのです。

 

下取りの対象となっているApple WatchはApple Watch Series2より以前のモデルのみ。

 

つまり去年発売されたApple Watch Series 3や、

 

高額で発売されたApple Watch Edition、Apple Watch HERMESなどは下取りの対象になっていないのです。

 

お手持ちのApple Watchを確認して、

 

まずはApple Watchを下取りに出せるのどうかを把握しましょう。

 

もし「下取りに出せない」ということであれば、

 

残された道は「買取」しかありません。

 

下記の電話ボタンから直接お問い合わせいただいてもよいですし、

 

他の記事でApple Watchの買取戦略について解説をしているので参考にしてみてください。

 

※Apple Watchの買取に関して総合的な情報をお求めの方は、「Apple Watch|買取の中古価格相場&売却戦略〜下取りや初期化の注意点」を参照ください。

 

 

 

Apple Watchを下取りに出す手順

Apple Watch

 

それでは実際にApple Watchを下取りに出すとすると、

 

以下の手順で進めていくことになります。

 

  1. WebでApple Watchの下取りを申し込み
  2. Apple Watchの送付キットが到着
  3. Apple Watchを発送(着払い)
  4. 査定金額とギフトカードの送付がメールされる

 

Web上で製品の番号を入力したり、

 

自身の住んでいる場所等を登録しなくてはならないが少し面倒ですが、

 

Apple Watchの下取りを行うためには以上の手順を踏まなければなりません。

 

それでは、下取りの手順と対象のモデルがわかったところで、

 

Apple Watchを下取りに出すメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

Apple Watchを下出りに出すメリットとデメリット

Apple Watch

 

Apple Watchを下取りに出すメリットとして、

 

1つ目に挙げたいのが、

 

下取りに出すのはApple Watch本体のみであるという点。

 

Apple Watchにアクセサリーとして充電ケーブルやバンドが付いてきますが、

 

Apple Watchを下取りに出す際に、

 

このようなアクセサリ類を一緒に送る必要がないのです。

 

Apple Watchを下取りに出すメリットとして、

 

2つ目に挙げたいのが、

 

細かい傷程度であれば減額の対象にならないという点。

 

Apple Watchのようなウェアラブル端末は、

 

外に露出している機会が多いので、

 

よく見ると傷が付いていることがあります。

 

しかしAppleの下取りでは、

 

それらの傷がApple Watchの減額ポイントになりません。

 

Apple Watch

 

反対にApple Watchを下出りに出すデメリットとして、

 

1つ目に挙げたいのが、

 

下取りの対象となっているApple Watchが限られている点。

 

先ほども説明をした通り、

 

高額で売り出されたApple Watch EditionApple Watch HERMESのシリーズなどは、

 

Apple Watchの下取りの対象となっていないのです。

 

これらのモデルをお金に変えたい場合は、

 

「買取」に出すしか道は残っていません。

 

Apple Watchを下出りに出すデメリットとして、

 

2つ目に挙げたいのが、

 

Apple Watchの下取りのお金がAppleギフト券になる点。

 

つまり、必ずAppleにその下取りのお金が戻ってくる仕組みになっているのです。

 

もしAppleで何か買いたいものがある場合は良いかもしれませんが、

 

ただ単純に現金が欲しいという場合にはデメリットとなります。

 

Apple Watchを下出りに出すデメリットとして、

 

最後に挙げたいのが、

 

最大の下取り価格が20,000円と決まってしまっている点。

 

つまりそれ以上の価値を持つApple Watchの正確な価値をはかることができないのです。

 

今まで説明をしてきた、

 

Apple Watchを下取りに出すメリットとデメリットをまとめると以下になります。

 

下取りのメリット【Apple Watch】

  • 下取りに必要なのはApple Watch本体のみでアクセサリ類は不要
  • Apple Watchにある細かい傷が減額対象にならないことも

 

下取りのデメリット【Apple Watch】

  • 下取りの対象となるApple Watchが限られれている
  • 下取りのお金の受け取り方法はAppleギフト券のみ
  • 下取り価格は最大20.000円まで

 

 

 

Apple Watchの下取りを考える

Apple Watch

 

さて、ここで一度、Apple Watchを下取りに出す目的を考えてみましょう。

 

「新しいApple Watchが買いたくなった」

 

「使っていないApple Watchをお金に変えて処分したい」

 

等々、Apple Watchを下取りに出す理由は何であれ、

 

Apple Watchを下取りに出す目的は、

 

「要らなくなったApple Watchをより多くのお金に変えたい」

 

ということになるのではないでしょうか。

 

そこでApple Watchを下取りに出す前に1度、

 

「Apple Watchを買取に出す」という選択肢を考慮してみてください。

 

Apple Watchの買取価格の方が下取りよりも高い?

 

例えば、Apple Watch Series 2 Aluminum 42MMを「下取り」に出すとすると、

 

Apple Watch

【画像出典:https://jp-applegiveback-abbti.brightstar.com/】

 

下取り価格:¥14,300

 

という価格になります。

 

反対に、Apple Watch Series 2 Aluminum 42MMを「買取」に出すと考えて、

 

買取マクサスが出している執筆現在の相場最大価格の情報を元にすると、

 

買取相場最大価格:¥15,000

 

ということになります。

 

つまり、Apple Watchは下取りに出すよりも買取に出す方がお得なのです。

 

もちろん、Apple Watchの買取価格がこのままの価格で出てくるとは限りませんが、

 

Apple Watchの価格を査定してもらうのにはお金はかかりませんし、

 

Apple Watchを下取りに出す前に1度買取を検討するのが賢明な判断と言えます。

 

下記のボタンからお問い合わせをいただいてもいいですし、

 

Apple Watchの買取に関する情報をさらに知りたいという方は、

 

下記の記事でApple Watchの買取戦略について解説をしているので参考にしてみてください。

 

※Apple Watchの買取に関して総合的な情報をお求めの方は、「Apple Watch|買取の中古価格相場&売却戦略〜下取りや初期化の注意点」を参照ください。

 

 

 

Apple Watchを買取に出すならマクサスしかない

Apple Watch

 

以上、当記事では、Apple Watchの下取りをテーマとして、

 

Apple Watchの具体的な下取りの方法や注意点

 

その具体的な価格についても解説をしてきました。

 

『買取りマクサス』は、Apple Watchの買取を考えるあなたの味方です。

 

当社以上に買取を真剣に考える買取業者は他にありません。

 

当記事をご覧の皆さんがApple Watchの買取をお考えの際は是非、当社『買取りマクサス』にお任せください。

 

皆さんの高価買取の夢の実現を、全力でお手伝いさせていただきます。

 

 

 

【Apple Watch】他の時計買取にまとめ

RECOMENDおすすめ記事

【地域別】サーフボード買取業者まとめと2018高額買取サーフボード相場...
2018/05/25
【買取アプリ・そっきん】人気のおすすめアプリそっきんとは?実際に使って...
2018/05/11