2018.05.29最終更新日:2018/05/29
【マザーボード買取】ハイエンドモデル2018年価格と高額買取店3つの特徴

株式会社マクサス 代表取締役 関 憲人  
「リユースを本物のサービス業へ」を合言葉に、【どこよりも高く】【どこよりも早く】【誰よりも元気】に営業させていただいております。 買取というサービスを軸に社会を1mmでもより良い方向にすることが我々のミッション。 「マクサスだから売りたい」といっていただけるような業界No. 1リユース会社を目指します。

当記事では、PCのマザーボードの2018年買取事情と、中古買取店で高額買取&下取りを成功させるポイントを解説。

 

また、マザーボードをはじめとしたPCパーツを高額している店舗の3つの特徴を紹介しますー!

 

マザーボード買取事情(2018)

マザーボード買取

【画像出典:https://www.amazon.co.jp/】

 

マザーボードはPCパーツの中でもCPUと並んで根幹をなす部品です。

 

壊れたパーツをちょくちょく交換して使い続けることができるのが自作PCのメリットですが、マザーボードが壊れるとコトです。

 

マザーボード買取

 

大体において(あまりPCに詳しくなければ)マザーボードがイカれることで買い替えを決意させられるのではないでしょうか。(僕はこれで諦めました。)

 

そんなこともあり、マザーボードはグラフィックボードやCPUクーラーなどのパーツと異なり、あまり買い替え需要のあるものではありません。気軽に替えるには作業がタフすぎます。

 

 

マザーボードソケット形状

【画像出典https://www.ark-pc.co.jp/news/article?id=300246:】

 

また、Intelはマイクロプロセッサを更新するごとにソケット形状などを変更するため、旧型のマザーボードは買取というよりも処分という形になってしまうのが実情です。

 

ハイエンドマザボは中古需要大!

 

ゲーミングPC

【画像出典:https://news.mynavi.jp/photo/article/20180220-586789/】

 

一方で、ゲーミングPC用のハイエンドマザーボードの中古需要となると話は変わります。

 

海外のゲーミングプラットフォームSteamなどの認知度も向上し、ゲーミングPCはここ近年、ますます盛り上がりを見せています。

 

VRゲームなども出現し始め、PCの要求スペックはとどまることを知りません。もちろん、厳しい要求に耐えるため、2018年は拡張性の高いマザーボードの人気も上がりつつあります。

 

 

CORE X

 

また、2017年6月に国内でIntelの新プロセッサー「Core Xシリーズ」がリリース。同年9月には第8世代プロセッサ『Coffee Lake』がリリースされました。

 

それぞれXシリーズは新ソケット「LGA2066」を採用したX299チップセット搭載のマザーボードにのみ対応、

 

第8世代プロセッサはソケット形状こそ従来と同じLGA1151ですが、Intel 300 Series搭載のチップセットのみ対応し、CPUを替えるためにはマザーボードの買い替えが必須となります。

 

それゆえ、特に近頃はマザーボードの買い替え需要が大。2018年現在が一番高いと言っても過言ではありません。

 

2018年現在のハイエンドマザーボード買取価格

 

2018年執筆現在、X299搭載のマザーボードのハイエンド機であれば1万円から、3万円以上の買取価格となっています。

 

ただし、XシリーズのCPUが出てからそろそろ1年、早晩新しいモデルが登場することが予想されますので、使っていないハイエンドマザーボードがあれば早めに売ってしまうのが吉。

 

 

マクサス

 

買取マクサス』では、マザーボードをはじめとしたPCパーツの高額買取を行なっております!

 

個人用のものはもちろん、ワークステーションなどのパーツなども承っております。

 

また、『マクサス』は業界に先駆けてオンラインによるビデオチャット査定を導入、他にも電話買取やLINE買取なども承っておりますので、ご自宅で査定額を知ることが可能です!

 

査定後は弊社が手配する業者が集荷に伺う宅配買取をさせていただきます!

 

『マクサス』の便利な買取システム、ぜひ一度お電話にてご連絡ください♪

 

 

 

 

 

マザーボードを高く売るポイント

 

さてここからは、マザーボードを高額買取するためのポイントを紹介させていただきます。

 

グラボ・CPUと一緒に買取に出す

マザーボード宅配買取 width=

【画像出典:https://www.tekwind.co.jp/ELS/products/entry_12416.php】

 

宅配買取・出張買取では、マザーボードの種類によっては宅配業者とのコストとの兼ね合いで、対応できない可能性があります。

 

そんな時はグラフィックボードやCPUなど一緒に他のPCパーツの買取を依頼しましょう。対応できるようになるばかりか、双方の買取金額もアップ場合があります!

 

グラフィックボードの買取については、「グラフィックボード高価買取2018」で、CPUの買取については、「CPU高価買取2018」でまとめています!

 

 

付属品を一緒につける

マザーボード高く売る

【画像出典:https://www.ark-pc.co.jp/news/article?id=3001419】

 

マザボをはじめPCパーツは取り付け金具やドライバなどの付属品が必要になる場合があります。

 

さらに、パーツによっては箱が保証に必要になる場合もありますが、その場合はより減額が大きくなる可能性もあります。

 

アイテムによって異なるので、お持ちのマザボの買取価格に関しては『買取マクサス』までお気軽にお尋ねください。

 

 

 

 

 

マザーボード高額買取店3つの特徴

 

マザボ(マザーボード)を売ることに決めたとして、店舗によって買取価格はもちろん上下します。

 

ということで、マザボを高く売るために、プロの視点から高額買取が期待できる店の3つの法則を紹介していきたいと思います。

 

大々的に店舗展開していない

選び方1

リサイクルショップは店舗運営に力を入れれば入れるほどそのぶん会社としてコストがかかっています。

 

特に、都心であればあるほど家賃が高くなりがちなので、そのぶん会社として利益を出さなければならないため、どうしても買取価格は抑えめになりがちです。

 

したがって、ハイエンドマザボやPCパーツなど高価なものを売る時は全国に店舗があるような有名なリサイクルショップではなく、宅配買取や出張買取を中心とした穴場業者を狙うのがおすすめです。

 

 

プロの査定士が少数精鋭で回している

選び方2 少数精鋭

大手チェーンでは査定がマニュアル化され、プロではない査定士がマザボやPCパーツの査定を行っているところが多数あります。

 

一見、人件費が抑えられているように思えますが、そう言ったチェーン店は大量のアルバイトなどに給料を払わなければならないため、利益を出すためにどうしても買取額を抑えがちです。

 

そのため、少数精鋭で小規模で運営している店舗こそ高価買取には狙い目なのです。

 

 

派手に広告展開していない

選び方3広告展開していない

上述した店舗展開同様に、広告もとてつもなくお金がかかります。

 

特にテレビCMなどでも見るような買取業者はそれだけコストを割いているということになります。

 

小規模で店舗展開もあまりしないリユース業者は、一見地味です

 

しかし、買取価格において有名チェーンを上回ることが多々ありますので、大手ショップを利用したことがある方はぜひ一度小さな会社を探してみてください。

 

 

 

 

『買取マクサス』マザーボード高額査定の理由

マクサス

買取マクサス』では、オンライン査定の導入により大幅なコストダウンを実現。

 

お客様に高価買取という形で還元しております。

 

またビデオチャットを利用したオンライン買取サービスを利用すれば、自宅にいながら確定買取金額がわかるのも魅力です。

 

もしもマザーボードを売ることをお考えでしたら、買取マクサス』の査定を一度お試しください。

 

 

 

RECOMENDおすすめ記事

【地域別】サーフボード買取業者まとめと2018高額買取サーフボード相場...
2018/05/25
【買取アプリ・そっきん】人気のおすすめアプリそっきんとは?実際に使って...
2018/05/11