2018.04.27最終更新日:2018/09/11
【買取査定アプリ】1分でわかる査定の流れとおすすめ人気サービス

株式会社マクサス 代表取締役 関 憲人  
「リユースを本物のサービス業へ」を合言葉に、【どこよりも高く】【どこよりも早く】【誰よりも元気】に営業させていただいております。 買取というサービスを軸に社会を1mmでもより良い方向にすることが我々のミッション。 「マクサスだから売りたい」といっていただけるような業界No. 1リユース会社を目指します。

当記事では、最近話題の買取査定アプリの種類とそれぞれの査定の流れを紹介!

合わせて、タイプ別のおすすめ買取査定アプリとそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

 

買取査定アプリの種類

スマートフォンから商品の買取を申し込める買取査定アプリは、大別すると2種類に分けることができます。

 

一つは従来までのWeb宅配買取サービスをそのままアプリに落とし込んだタイプ、もう一つは査定した商品に対して即座にお金が振り込まれる「即時買取」と呼ばれるタイプ。

 

便宜上、当記事では前者を「Web買取査定アプリ」、後者を「即時買取アプリ」と呼称します。

 

では、それぞれの特徴を説明して行きます。

 

Web買取査定アプリ

 

 

Web買取査定アプリは、ネット査定をそのままアプリに落とし込んだタイプ。

 

それまでの出張買取、宅配買取サービスと異なり、あらかじめ査定額を知ることができるのが特徴。

 

商品の写真を送り、査定額に納得が行けば本査定になります。

 

該当サービスは『楽天買取サービス』、『おいくら』など。

 

即時買取査定アプリ

 

 

即時買取査定アプリは、『売りたいものを写真撮影することで、即現金化』をコンセプトにした新しい買取システム。

 

Web買取と異なり、いきなり本査定になるという超速買取が特徴です。

 

該当サービスは『CASH』や『メルカリ now』、そして『そっきん』など。

 

即時買取について興味のある方は、「「超高額即売アプリそっきん」」も合わせてご覧ください。

 

 

買取査定アプリ 基本的な流れ

 

Web買取査定アプリ

 

Web買取査定アプリで取引を行う流れは主に以下の5手順。

 

  1. 商品登録
  2. 事前査定
  3. 集荷(出張買取、宅配買取)
  4. 本査定
  5. 銀行振込

 

サービスによって代わりますが、だいたいにおいてこの流れ。

 

今まで店頭に買取に行けない場合は、出張買取サービスか宅配買取サービスを利用する必要がありましたが、本査定が済むまで査定額がわからないのがネックでした。

 

Web買取査定アプリ、サービスの登場は出張買取・宅配買取に対してユーザーが感じた査定額への不安の払拭に貢献しています。

 

 

 

即時買取査定アプリ

 

 

即時買取アプリの査定の流れは主に以下の手順になります。

 

  1. 商品登録(カテゴリーから商品を選択)
  2. 査定(写真撮影、状態入力)
  3. 金額に納得すれば即現金化
  4. 集荷(宅配、出張)

 

簡単に言えばWeb買取をさらに簡略化し、極限まで買取の手間を省略。査定アプリが査定を自動化することにより、即座の現金化を実現させたサービスになります。

 

 

ただし査定対象か否かは査定アプリ内のデータベースに依存するので、データベースに存在するものは売ることができない。

 

とは言え、2018年4月現在、どの即時買取査定アプリもかなりカテゴリーが充実しているようなので、割と売れるものは多いと思います。

 

即時買取の査定対象について興味のある方は、「「超高額即売アプリそっきん」」も合わせてご覧ください。

 

 

 

 

買取査定アプリどんな人におすすめ?

ここまではWeb買取査定アプリ、即時買取アプリの取引の流れを説明しましたが、ここからはそれぞれのアプリがどんな人におすすめなのか解説します。

 

Web買取査定アプリ

結論から入りますが、Web買取査定アプリがおすすめなのは、「時間はあるが店頭までは行けない人」です。

 

冒頭の方でも述べましたが、Web買取査定アプリが革命的だったのはそれまでの出張・宅配買取に「事前査定」を加えた点。

 

メリットは店頭まで訪れなくても良い、重いものを運ばなくても良いことと、商品を送る前に査定額がわかること。

 

一方で、事前査定に加えて本査定も必要とするというデメリットもあり、提示買取上限額と実査定額が異なる、キャンセル時に返送料がかかるなどの問題も起こりえますので、ある程度のトラブルのリスクを覚悟する必要があります。

 

 

即時買取査定アプリ

 

 

即時買取査定アプリがおすすめなのは、「売りたいものはあるが時間がない人」

 

近年、買取店にいかずとも、『メルカリ』などのフリマアプリ、『ヤフオク』などのネットオークションサービスで買取を行うことができます。

 

それらは人気の一方で、自分で発送することが必要だったり、やりとりを行わなければいけないなど、利用者の負担は決してゼロとは言えません。

 

 

即時買取査定アプリは、「やりとりに対して時間というコストをかけたくない人」にうってつけのサービスと言えます。

 

また、キャンセル料は発生しますが、やはり売りたくなくなった場合や、他に欲しいという人が身近に見つかった場合でも、集荷期限内であればキャンセルできるのも魅力。

 

日頃から『Amazon』などの1クリックで購入できるECサイトに慣れている人は利用すれば、その便利さに気がつくでしょう。

 

一方で、キャンセルに手数料がかかってしまう場合もあるので、買取金額に対して妥協できない人にはあまり向いていないかもしれません。

 

 

Web買取査定人気アプリ

それでは、Web買取査定アプリのそれぞれの人気サービスの特徴を紹介していきます。

 

楽天買取

 

【画像出典:https://buyback.rakuten.co.jp/app/download/】

 

✔️複数の買取業者による査定・個人情報の公開の必要なし

✔️送料・手数料はショップにより変動

✔️キャンセルは申し込みショップに問い合わせる必要あり

 

『楽天買取』は楽天が運営する買取サービスを落とし込んだWeb買取査定アプリ。

 

売りたいものの写真を撮影し、商品登録をすると複数の業者から査定額が知らされるので、自分の売りたいショップに売ることができるのが特徴です。

 

また、Web査定の際には個人情報を公開しなくても良いので、セキュリティの面も安心感があります。

 

ただし、キャンセルは申し込みショップに問い合わせる必要があるため、業者の前評判などをあらかじめ調べておく方が良さそう。

 

 

おいくら

 

【画像出典:https://oikura.jp/special/apps/kaitori.html】

 

✔️複数の買取業者による査定、登録業者1400社以上!

✔️送料・手数料はショップにより変動

✔️iOS未対応

 

『おいくら』も『楽天買取』同様に複数の業者にWeb査定をしてもらるWeb買取サービス。

 

しかもその登録業者が1400以上と非常に多いのが特徴。

 

複数の査定額から、もっとも高いものを選べば高価買取のチャンスになるかもしれませんね。

 

ただし、1400以上も業者がいるので、あまり誠実ではないように見える業者とマッチングしてしまう可能性もあり。

 

また、公式サイトでは「Coming Soon」としつつ、iOS対応アプリがないのも痛いところでしょうか。

 

即時買取査定人気アプリ

即時買取査定アプリの人気サービスをご紹介。

 

 

CASH

 

【画像出典:https://cash.jp/】

 

✔️銀行振込手数料:250円

✔️送料:有料。5個以上(またはキャッシュ¥8,000以上)で無料

✔️査定額:300円 ~20,000円

 

即時買取査定アプリとして先陣を切り、サービスの火付け役となったアプリ『CASH』。

 

一時期は買取最低額1,000円を打ち出したものの人気多数でサービスが一時中断、のちに最低額が300円でリニューアルされるなど派手なアクションで常に注目を浴びています。

 

また2018年2月からは、商品を先に送りゆっくり査定して高額買取を可能とした『あとでCASH』というサービスを開始。

 

即時買取アプリの王道とも言える存在なので、一度試して話題のネタにするのもありかもしれません。

 

メルカリNOW

 

【画像出典:https://www.mercari.com/jp/mercari-now/】

 

✔️銀行振込手数料:210円

✔️送料:無料

✔️査定額:上限20,000円

 

即時買取の分野で『CASH』のすぐ後に発表され、査定アプリに参入した『メルカリNOW』。

 

膨大なユーザーがいる『メルカリ』内で利用することができるため、参入障壁が低いのが特徴。メルカリを利用したことのあるユーザーなら安心感もありますね。

 

買取上限は20,000円と『CASH』同様に抑えられてはいるものの、従来のサービスと併用すれば効率の良い使い分けができそうです。

 

そっきん

 

✔️銀行振込手数料:210円(10,000円以上で無料)

✔️送料:無料

✔️査定額:150,000円

2018年4月にスタートした即時査定アプリ『そっきん』は、約10万点の商品データベースを構築。

 

膨大な商品データと照らし合わせ自動で査定しているため、買取上限額が150,000円と既存即時査定アプリよりも高いのが特徴です。

 

また、リユース専門業者として培った豊富な経験が反映され、ブランド品以外にも多数の取扱商材があることも強み。

 

既存即時査定サプリと異なり、リサイクルショップのオンライン版とも言えるサービス。是非お試しください。

 

【「そっきん」の主な登録データベースカテゴリー】
iphone、スマホ、ipad、タブレット、mac book、ノートパソコン、iMac/Mac pro/Mac mini、デスクトップ、カメラ、テレビゲーム機、ポータブルゲーム機、ipod/ウォークマン、ギター/ベース、楽器、スマートウォッチ、腕時計(カジュアルウォッチ)、オーディオ、スピーカー、BD/HDDレコーダー、電子タバコ、筆記具、ゴルフ用品、ドローン、掃除機、テレビ(~22インチ)、モニター(~22インチ)、スニーカー、スーツケース、イヤホン/ヘッドホン、釣具、アウトドア用品

 


買取 アプリ そっきん

 

 

買取査定アプリまとめ

 

今回は、買取査定アプリについて、Web査定アプリ、即時査定アプリの2種類の違い、特徴、それぞれのおすすめサービスについて紹介しました。

 

Web査定アプリは自宅にいながら、あらかじめ査定額を知れるのが魅力、即時査定アプリはすぐに現金化できること、手間がほとんどかからないことが魅力です。

 

また、査定アプリの中でもそれぞれ弱い強みがあるので、自分にあったアプリを選びましょう。

 

 

 

 

RECOMENDおすすめ記事

【地域別】サーフボード買取業者まとめと2018高額買取サーフボード相場...
2018/05/25
【買取アプリ・そっきん】人気のおすすめアプリそっきんとは?実際に使って...
2018/05/11